レンタルスタジオを探すコツ

ダンスを習いたい人がまずすることはダンス教室探し。
経験者では貸しスタジオを探したりすることもあるでしょう。
今回はダンス教室・スタジオ探しのポイントをお伝えしたいと思います。

 

まず大切なのはそのダンススタジオに通う目的を明確にすることです。
初心者なのか、レベルアップしたいのかによって選ぶ教室が変わります。

 

出来れば体験クラスに参加したり見学して実際のクラスを見てみましょう。

 

教える先生の人柄や説明の仕方というのは大切です。
今後そのダンスが好きになるかどうかも先生との相性が大きく左右します。
先生の舞台公演があれば見に行くのも一つの参考になるでしょう。

 

参加人数も大切なポイントです。
人数が多すぎると先生の目が届きにくくなったりスペース(踊る場所だけでなく更衣室も)が狭くなるということも。

 

また、これから通うことを踏まえて無理のない場所を選ぶことも大切です。

 

最初のうちは頑張れても月日が経つにつれて通うのが負担になり徐々に足が遠のく…というのはよくある話。

 

今の生活環境に場所ない場所や土地勘のある地域を選ぶこともポイントです。

 

そして、無理なく続けられる利用価格であるかどうかも大切です。
ホームページで限定キャンペーンをしていたりタウン誌などチラシや割引券がついている場合もあるので調べてみるのも一つの手。
エルドラドでは利用者の方が続けやすい価格を設定しています。

 

また、自主レッスンや社交ダンスサークルなどの活動で使用する場合は貸しスタジオを検討すると思います。

 

この場合、床をチェックしましょう。
競技ダンスや社交ダンスなどで使うヒールやバレエのトウシューズなど、床を傷つける恐れのあるものもあります。
スタジオによっては素足での使用がNGというところも。

 

何かあった場合は弁償ということもあり得ます。

 

ダンスの種類を伝え利用可能かどうかを事前にお店側に確認しておきましょう。

 

また、音源や鏡はあるのか(別料金で貸出の場合も)コンセントの有無や位置なども確認しておくと良いでしょう。

 

スタジオを検討する際はある程度の知識を持っていると選びやすくなります。
参考にしてみてくださいね。